自己紹介

はじめまして。

この度は数あるサイトの中から当ホームページをご覧頂きまして、ありがとうございます。

性虐待救出専門

カウンセラー&ヒプノセラピストの篭橋亜沙美(シャミー)と申します。


人間関係や私生活で感じる不安や怒り、

本当の自分が出せなかったり、

 親密になれないなど、

 感情から出てくるサインを頼りに原因を見つけ、

望む毎日へと変えていくことが得意です。

また自身の経験から、

虐待や性虐待で傷付いたままのご自身をそのまま抱えていたり、

逆に虐待をしてしまう方に向け、

 自分や人を赦すこと、愛することを軸に、
本来生きるはずのあたたかな人生に気付いて頂けますよう

お話を聞かせて頂いております。


私も多くの方に支えられ、今の幸せな毎日に行きつきました。

人に悩みを打ち明けたり、解決する(変化する)不安も出てくるかと思いますが、

あなたも是非「望む幸せ」を選んでこの先も気持ち良く生きて頂きたいです。

あなたの、かけがえのない毎日が楽しいお時間でありますように。


2019年4月5日

性虐待専門

 カウンセラー&ヒプノセラピスト 篭橋亜沙美(シャミー)


自 己 紹 介

篭橋亜沙美(シャミー)

1983年7月 東京生まれ。

小学3年生から中学1年生の約4年程、実兄より虐待・性虐待を受けて育つ。

虐待の日々がなくなっても、

自分の大切なものがなくなってしまったような、

自己否定感が強く残り、

自分がこの体に入って、明日も生きていくということ自体が苦しいと感じるようになる。

高校生の頃には、人格がいくつかに別れているように思えるなど、

自分のメンタルに不安や異変を感じるようになるが、誰にも話すことができず、

自分で治すしかないと思い大学は心理学を専攻し自己治癒を開始する。

自分の心を見つめながら、自分らしい人生を探求した結果、

すべての悩みの解決は「感情を正しく感じること」だと実感。

カウンセラー・ヨガのインストラクターを経て、セラピストの道へ。


【私が乗り越えたこと♪】

☆過食☆不眠

☆人が怖い☆人格が安定しない。

☆本当の自分が分からない☆人前で自分らしくいられない。

☆なんとなく、生きているのが辛い。

☆恋愛をしたくても、相手と親密になることができない。

☆無排卵(10代の頃の生理は1回のみ)

☆不快な感情を誤魔化していたため、対になる喜びや幸せな感情も感じづらい。

☆家族を赦すこと。愛情を感じること

解決した方法は、

「ありのままの自分の感情を、正しく感じること」
これだけです。


今日も自分の中から湧き上がる感情を、

正しく感じて

自分の人生を育んでいます。